演劇 新橋演舞場 京都都大路謎の花くらべ 山村美紗サスペンス

image (1).jpg
 8月10日(土)に新橋演舞場において「京都都大路謎の花くらべ」という山村美紗サスペンスの劇団新派による演劇を観てきました。前半の時は涼しいものだし暗く内容がよく分からなくてほとんど居眠りしていましたが。昼食タイムの後の後半では、舞台に釘付けとなり話もテンポよく進んだので、夢中で舞台を観ました。さすが劇団の役者ってすごいなと改めて実感しました。
 主役の池波久里子や中村梅雀、喜多村緑郎・河合雪之丞・長谷川純などのメインキャストの演技にどんどん話の中に引きずり込まれました。サスペンスの醍醐味なのでしょう。山村美紗の実の娘の山村紅葉も芸妓として出演していたのも面白かったです。
 役者という言葉がありますが、まさに役になりきって観客を魅了するのが役者の力量であり魅力だと思いました。殺人事件が解決されていく謎解きがサスベンスの魅力ですが、テレビとは違った面白さがあると思いました。

 帰りには、いつものように銀座ライオン本店で生ビールを飲みましたが、とても美味しかったです。38回目の結婚記念日のお祝いをしました。店内は満席状態で、外国人がたくさん店員として働いていました。

この記事へのコメント