水面に浮かぶ紫陽花の花と筑波山ロープウイ

IMG_7873.JPG
7月5日(土)にはとバスの旅で「水面に浮かぶ紫陽花の花と筑波山ロープウイ」という企画に参加してきました。上野駅浅草口にあるはとバスの乗り場から常磐道で筑波山方面に向かいました。まずは、北大路魯山人の家を移築したという「春風萬里」に行きました。春風萬里荘」は、北大路魯山人の鎌倉の旧宅を移築した、風情あるれる江戸時代中期の茅葺き屋根の古民家です。「春風萬里」とは、季白の漢詩にある言葉で、北大路魯山人が好んで用いていました。春風萬里荘の広大な庭園には花々が一年中咲き誇り、訪れる人の心を和ませてくれます。
 魯山人は、美食家として知られていますが、お料理を出すお皿を自分で陶芸で作ったそうです。その他、五右衛門風呂や小便器なども無陶芸で作ってあり飾ってありました。
枯山水のお庭も見事でした。よく手入れされていて縁側から見ることができます。四季折々ちがった風情で見ることができるそうです。
IMG_7791.JPG
笠間芸術の森公園の中に春風萬里荘はありますが、そこからしな゛らく行ったところに笠の森レストランがあり、そこで昼食を食べました。ローズポークハンバーグがとても美味しかったです。ビールも注文して呑みました。最後のコーヒーも美味しかったです。
IMG_7814.JPG
続いて雨引観音で有名な雨引山乗法寺に向かいました。このお寺は、紫陽花寺と言われるだけあって、紫陽花がとてもきれいな観音寺で、池に紫陽花の花を浮かべている風情がとても有名で最近観光客がたくさん訪れています。ここで御朱印を書いてもらいました。ここでは、バスガイドさんが般若心経を唱えてくれていてので私も一緒に唱和しました。
IMG_7825.JPG
続いて、筑波山への道を通って筑波山ロープウェイに向かいました。筑波山といえばガマの油が有名でがまを祀った神社がありました。ロープウェイは6分ほどで山頂駅に到着しますが、霧がすごく出ていて頂上では、何も見ることができませんでした。ツアーのお客はすぐに帰りのロープウェイに乗って下りました。霧の晴れ間から霞ヶ浦を見ることができました。
IMG_7868.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント