テーマ:映画

映画 愛がなんだ

 8月6日(火)にジャック&ベティにおいて「愛がなんだ」という映画を観てきました。主演の岸井ゆきのは、NHKの連ドラ「まんぷく」において娘役で出ていて、その天真爛漫さやかわいさでとても好きだったので、映画での演技を観たいと思いました。  30歳頃の若者が人を本当に好きになったら、あそこまでつくせるものかと信じられないと同時に感動も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 アルキメデスの大戦

 7月28日(日)に109シネマズ川崎において「アルキメデスの大戦」という映画を観てきました。漫画家の三田紀房の作品が原作で山崎貴が監督の映画で、エンターテイメント映画としてはとても面白かったです。  最初に戦艦大和がアメリカの戦闘機によって沈没していく場面が圧倒的な迫力で描かれていて、そのむ迫力に圧倒されました。映画を観ていてこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 コンフィデンスマンJP

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子と、彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん、百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャードの3人の信用詐欺師は、香港マフィアの女帝ラン・リウが持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛ぶ。3人がランに取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 アラジン

 6月25日(火)にチネチッタにおいてディズニー映画の「アラジン」を観てきました。さすが、ディズニーの映画だけあってハラハラドキドキで観ていて飽きませんでした。ランプの中の巨人ジニーの演技がとても印象的でした。ディズニー映画がヒットするわけだと思いました。中で「ホール・ニュー・ワールド」が歌われますが、名曲だけあって聴いたことのある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 泣くな赤鬼

 6月20日(木)に109シネマ川崎において「泣くな赤鬼」という映画を観てきました。重松清原作で以前読んだことがあったので、ぜひ観てみたいと思っていました。高校野球の監督役を堤真一が演じていましたが、まさにぴったりのキャスティングでテーマ曲も竹原ピストルのこの映画のための書き下ろしでぴったりでした。  斎藤(ゴルゴ)が高校時代の野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 長いお別れ

 6月4日(火)にチネチッタで「長いお別れ」という映画を観てきました。認知症のことを長いお別れというのだそうです。中島京子が実体験を元に書いた小説を映画化したもので、地味に淡々と時間が過ぎてゆくのですが、妙に心に残る作品で、自分の将来を見ているようで共感することが多かったです。 :原作者の中島京子さんの実の父は、フランス文学者だ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画 歎異抄をひらく

 5月27日(火)に109シネマ川崎において「歎異抄をひらく」という映画を観てきました。『歎異抄』は弟子の唯円が書いたとされ、親鸞の教えをわかりやすく解説した本として有名で、倉田百三の『出家とその弟子』などの戯曲も有名です。若い頃に読んで大変感銘を受けて歎異抄も何度も読んだことがありました。  この映画の中では、人間は元々悪人であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「夜会工場 Vol2」中島みゆき

 5月16日(木)に109シネマ川崎において「「夜会工場 Vol2」中島みゆきの世界」という映画を観てきました。舞台「夜会」を劇場版に編集した映画でした。特別上映ということで、割引はなく2500円かかりました。  元は舞台ですが、コンサートでもありミュージカルでもあり舞台をつなぎ合わせたものであり、映画でもあり、とにかく中島みゆき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 グリーンブック

 4月11日(木)にToHoシネマズにおいて「グリーンブック」といてう映画を観てきました。1962年。天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、〔黒人専用ガイドブック<グリーンブック>〕を頼りに、あえて差別の色濃い南部へコンサート・ツアーへ繰り出す。というお話しでしたが、実話を元にしているだけあって、黒人差別の実態や偏見が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 津軽のカマリ 高橋竹山

 4月2日(火)にジャックアンドベティにおいて「津軽のカマリ 高橋竹山」という映画を観てきました。初代の高橋竹山と2代目高橋竹山の津軽三味線の演奏が圧倒的でした。地域での祭や体育館でのコンサートなど、いろいろな場所で演奏した場面がたくさん出てくるドキュメンタリー映画でした。  青森のねぶた祭の場面が出てきますが、跳びはねて踊る踊り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

 3月23日(土)にジャック&ベティーに「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」という映画を観てきました。樹木希林の映画で前から観たいと思っていたのですが、たまたま樹木希林の映画が「ジャック&ベティー」で上映されていることを知り行ってきました。あいにくの雨模様の天気で、とても寒い日でしたがじっくりと観られて感動しました。  リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 7つの会議

 3月5日(火)に109シネマ川崎において「7つの会議」という映画を観てきました。池井土潤原作の作品で、半沢直樹や陸王や下町ロケットなどの作品でおなじみの内容で、しかもそれらのドラマに出演していた役者がたくさん出ていてエンターティメント映画として楽しめました。野村萬斎が主役で出ていたのが新鮮でした。 映画は、中堅メーカー「東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 こんな夜更けにバナナかよ

 1月12日(土)にチネチッタにおいて「こんな夜更けにバナナかよ」という映画を観てきました。筋ジストロフィー症を患っている鹿野靖明さんをモデルにした実話で、説得力のある内容で暗くなる話を笑いのある内容にしたのは、鹿野さんのキャラクターのおかげで、その役を大泉洋にしたキャスティングは正解だと思いました。  私は、養護学校の教員時代に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 アリースター誕生

 1月4日(金)にチネチッタにおいて「アリースター誕生」という映画を観てきました。「スター誕生」という映画は何回もリメークされた映画とのことで、今回で四回目のリメークだそうです。今回の主役は、有名なレディー・ガガということで、歌の迫力に圧倒されました。先日観た「ポヘミアン・ラプソディー」のクイーンのフレディーのように圧倒的な歌唱力で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ボヘミアンラプソディー

 11月27日(火)にチネチッタにおいて「ボヘミアンラプソディー」という映画を観てきました。クイーンという英国のグループの名前は聞いたことがありましたが、歌の歌詞やボーカルのフレディー・マーキュリーについてはよく知りませんでした。この映画の中には、何曲ものクイーンの代表曲が流れましたが、よく知っている歌が多くて、歌詞も字幕に出たので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 人魚の眠る家

 11月25日(日)に「人魚の眠る家」という映画を観てきました。とても重いテーマの映画で、いのちについて、生きることの意味などについて深く考えさせられました。  映画の中にぐいぐい引きづられて自分が親の立場だったらどうしただろうと考え込んでしまいました。医療技術などのテクノロジーが進んでも。死んだ者を蘇えさせることはできません。た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 コーヒーが冷めないうちに

 11月13日(火)にTOH0シネマにおいて「コーヒーが冷めないうちに」という映画を観てきました。妙にインパクトのある映画でその夜夢にまで出てきました。都市伝説のファンタジーの映画でしたが、妙にリアリティーがあり映画の世界にどっぷりとつかりました。  人は、過去のあの時間にもどりたいと思ったり亡くなった人ともう一度会いたいと思うこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 若おかみは小学生

 10月27日(土)にチネチッタにおいて「若女将は小学生」というアニメの映画を観てきました。息子がとてもいい映画だというので観ることにしました。  チッタ通りはちょうどハロウィンのお祭りで子どもバージョンの日だったので、たくさんの子どもたちが仮装して歩いていました。恐竜のような絵の前で記念写真を撮っていました。明日が本番でたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 日々是好日

 10月13日(土)にTOHOシネマにおいて「日々是好日」という映画を観てきました。樹木希林さんが最期に出演した映画ということで、テレビでも紹介していたのでぜひ観たいと思っていました。  エッセイスト森下典子さんが書いたエッセイを元に映画にしただけあって、最初はお茶の作法の場面ばかり出てきてその緊張した雰囲気に圧倒されましたが、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 SUNNY

 9月4日(火)に台風21号が近畿地方に近づくなか、チネチッタで「SUNNY」という映画を観てきました。韓国の映画のリメーク版とのことでしたが、元の映画は観たことがありませんが青春の輝きや心の揺れと20年後の人生の変化のギャップに自分の青春時代と今の自分のギャップを感じました。  90年代といえば、阪神大震災があった年でルーズソッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 カメラを止めるな

 今話題の映画なのでぜひ観たいと思ってチネチッタに出かけました。会場は満席で若い人が多いなと思いました。テレビのワイドショーや有名人のコメントで最高に面白いと聞いていたので、楽しみにしていました。ぜひ他人に勧めたい映画だと思いました。私の娘も息子もぜひ観たいと言っています。  新人監督、無名の俳優たちが迫真の演技で見せる前半のホラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 未来のミライ

 8月9日(木)にTOHOシネマにおいて「未来のミライ」という映画を観てきました。予告編で何回か観ている内に観たくなりました。アニメ映画はあまり観ませんが、ファンタジーがあって夢のようなお話しだったので観てみる気になりました。 結論から言うとあまり面白いという印象は残りませんでした。ただ、1歳半になる孫がいるので、その孫がどんな男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ピース・ニッポン

 7月31日(火)に109シネマ川崎において「 ピース・ニッポン」という映画を観てきました。なんて日本とというのは美しい国なんだろうというのが率直な感想でした。8年かけて200ヶ所での映像を編集したというだけあって、南は鹿児島から北は北海道まで日本全国の映像が映しだされて、日本はこんなにも四季折々の表情を見せている美しい国なんだとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 終わった人

 7月1日(日)と7月8日(日)上大岡のTOHOシネマにおいて「映画 終わった人」を2回観ました。妻がぜひ観たいというので、上大岡まで行って観てきました。先日も「万引き家族」を2回観ましたが、新たな発見があり再び感動して観ることができました。  高校時代のラグビー部の友だち役の笹野高史がカツラを投げ捨てて「俺らはじじいになったが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 万引き家族

 6月24日(日)にTOHOで「万引き家族」という是枝裕和監督の映画を観てきました。第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルムドールを受賞した作品だけあって、見応えのある思い作品でした。現代社会が抱える貧困、虐待、などを抱えた最下層の家庭を描いていて、家族とは何かとか幸せとは何かとか優しさとは何かとかを考えさせられました。出演者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 家族はつらいよ 3 妻よ薔薇のように

 6月5日(火)に川崎TOHOにおいて「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3」という映画を観てきました。さすが山田洋次監督の作品だけあって、笑いあり涙ありの映画であきることなく最後まで引きづりこまれて観ました。  奥さんが家出すると家庭がどうなるかということが身にしみてわかりました。山田組というのか、出演者はみんな役者ぞろいで、味の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画・モリののいる場所

 5月29日(火)にラジオ体操講習会の後に、チネチッタにおいて「モリののいる場所」という映画を観ました。本当に淡々とした日常を描く映画で、伝説の画家・熊谷守一が一日中庭で過ごし虫や鳥や草花を観察してすごしているという場面が続きます。知らぬ間に私は寝てしまい、映画の中の電話の音で目を覚ましたほどでした。いろいろな人が出入りする家で、文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 鎌倉アカデミア 青の時代

 3月31日(土)に横浜市教育会館4Fホールにおいて「鎌倉アカデミア 青の時代」という映画を観てきました。終戦直後に鎌倉に幻の大学として語り伝えられる「鎌倉アカデミア」が鎌倉・材木座の光明寺を仮校舎として開校しました。  校長の三枝博音をはじめ、吉野秀雄、高見順、中村光夫、いずみちく、山口瞳、前田武彦といった多彩な人材が巣立ち、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 空海~美しき王妃の謎~

 3月10日(土)にチネチッタにおいて「空海~美しき王妃の謎~」という映画を観てきました。日中合作映画ということで、夢枕獏の原作を中国のチェン・カイコーが監督したという作品で、歴史で学んだ遣唐使「空海」と唐の大詩人「白楽天」が中心となり絶世の美女楊貴妃の死の謎を解くという内容で、史実とは違う内容のエンターティメントの映画です。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ歌舞伎・京鹿子娘五人道成寺/二人椀久(きょうかのこむすめごにんどうじょうじ/ににんわんきゅう)

 1月16日(火)にチネチツタにおいて「シネマ歌舞伎・京鹿子娘五人道成寺/二人椀久」という歌舞伎座で平成28年に上演された名作二本をシネマ歌舞伎で鑑賞してきました。二本とも坂東玉三郎と中村勘九郎などの若手との競演でとても艶やかで見応えがありました。映画だと表情までよく見えて、舞台では味わえない細やかな動きや表情まで見えて得をしたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more