テーマ:神奈川新聞投稿文

幸せになることが一番の親孝行

 NHKの連ドラ「なつぞら」は、後半に入りなつがいよいよアニメーターとして活躍するようになってきました。100作目だけあって、NHKも随分力を入れて制作しているなと思います。  今回の投稿文は、2ヶ月前ほどに投稿したもので、今回は没になるなと諦めていただけにびっくりすると同時に嬉しかったです。投稿文を読み返すと、いかにも自分らしい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人生いろいろ

最近、自分の人生を振り返ることが多くなりました。何のために生きているんだろうと分からなくなることがあります。そんな時に、神奈川新聞で群ようこさんの「また明日」という連載小説を読んでいて、昔同じ所で学んでいた子どもたちがそれぞれの人生を歩むという例をそれぞれの人たちの名前で「ヤヨイの章」とか「カツオの章」ということで、それぞれの人生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いのちについて

 NHKの「透明なゆりかご」というドラマを観て、感動とともにとても重いテーマを突きつけられました。原作の同名のコミックも買って読んでみました。さらにいのちについて考えさせられました。  主人公の見習い看護師は、初めて産婦人科のバイトに行ったときに、ドクターから「1990年代の三大死亡原因は何だと思う」と聞かれます。癌とか脳血管障害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂のこもった投稿文こそ投稿のいのち

 1月5日の「貧乏家庭で母から逃げた」という投稿文に心打たれました。魂のこもった文にこれこそが投稿文の原点ではないかと思いました。過去の一場面を思い出し、今でも布団の中で涙するという内容でしたが、いつまでも心の傷として忘れられない思い出を文章にすることで、母への思いが読者にも強く伝わってきました。  今、一日の中で費やす時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅原猛氏の死を悼む

梅原猛さんからは、たくさんの刺激を受けました。とくに『『地獄の思想』からは大きな影響を受けました。仏教の思想から日本を代表する文学作品の「源氏物語」ゆや「平家物語」「世阿弥の世界」「近松門左衛門の世界などがよく理解できるようになります。とくに「宮沢賢治」を理解する上で、仏教を理解することはとても大切です。 また、梅原さんの仏教の歴…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

デスクノートの記事に感銘してFAXを送る

2月25日(火)のデスクノートの記事がとてもよくて、共感し感銘を受けたので感想をお送りします。  南青山の児童相談所の建設に反対する住民のことについて、よくぞ書いてくれたと意を同じくして、さすが神奈川新聞と頼もしく思いました。「臆面もなく発する傲慢、透ける選民意識。富んでも心の貧困は救いがたい。」と書いたその良識に、よくぞ書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育ての原理はビジネスの原理とは違う

 テレビ寺子屋で 玉川大学教授の大豆生田啓友先生の講演を聴いて、その中で『子育てを元気にすることば』という大豆生田先生の最近の著書の紹介をしていたので、その本を取り寄せて読んでみました。とても共感する内容で感銘を受けました。自分の孫のことを頭に描きながら投稿文を書いてみました。「子育ては手間暇がかかる非効率的なものです」という内容に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ノーサイドの精神

 NHKドラマ「不惑のスクラム」というドラマを観ていて、感じることがあって投稿文に書きました。だれにでも起こりうる事件だと思い、怖い思いをしました。 「刑務所から出所した男が、偶然出会った仲間との格闘の末に、別れた家族と再会するまでを描く。 彼の背中を押した男たちもまた傷つき、居場所をなくした“週末ラガーマン”だった…。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

半分、幸せ。

NHKの連ドラ「半分、青い」が始まって一ヶ月が過ぎました。いつものようにだんだんはまってきて、毎朝観るのが楽しみになってきました。  最初の方の放送で、片耳が聞こえなくなった主人公が傘を差しながら雨の音を聴いているときに、半分聞こえないことを不幸と感じるか、面白いと思うかで、同じ事実であっても感じ方は違ってくるとありました。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まされる宝子にしかめやも

孫のけいちゃんが一日ごとに成長して出来ることが日増しに増えていきます。ほっぺを触るとつるつるでぷっくらとしていて可愛くてしょうがありません。孫のけいちゃんが私にとって一番の生き甲斐です。 そんな思いを投稿文に書いてみました。  枕草子の中で「二つ三つばかりなる児の、急ぎて這い来る道に、いとおかしげなる塵のありけるを目ざとに見…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春を待つ心

 雪国で育っていた頃は、毎日降り積もる雪の下で春が来るのをじっと待っていました。  今流行のインフルエンザに感染して、家の中でじっと耐えていました。雪国での経験があるせいか、治るまではじっと我慢して耐えなければならないと諦めていました。  たまたま家で、羽生結弦選手が金メダルを獲得した場面を観ることができました。羽生結弦選手が昨…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

縁によって殺人鬼にもなる人間の脆さ

    NNNドキュメント「記憶の澱」を観たときの衝撃を今でも思い出すことがある。ごく普通の人が、戦争という極限状況の中では、度胸試しの刺突訓練だといって罪のない村人を銃剣で刺し殺したり、村の若い娘を輪姦したりと、上官の命令で非人間的なことをしてしまうのだ。自分には関係ない、自分はいい人だと思っている人が、縁によって殺人鬼にもなる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ばっちゃん~子どもたちが立ち直る居場所~

 子どもの貧困について最近よく話題になりますが、ご飯を満足に食べられない子どものことを思うと、さぞ辛いと思うし悪い道に進んでもしょうがないと思っていました。私の尊敬する先輩の先生が、「子どもに腹一杯食べさせれば、悪い道にはいかない」という言葉を思い出しました。たしかにその通りだと思いました。  日本の子どもの約7人に1人が貧困…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

そのままのあなたでいい~山元加津子講演会

 山元加津子さんは昔からのファンで、神奈川県での講演があるときには都合を付けて行くようにしている。川崎のエポック中原で講演をやるとホームページで知って、心友のK先生を誘って会場に行きました。  ほとんどが中高年の女性ばかりでしたが、熱烈ファンが全国にいることを知りました。お付きの小林さんもいて、私が山元加津子さんの本はほとんど読ん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日野原重明先生の残したキュアからケアへ ~神奈川新聞投稿文

 日野原重明先生は、7月17日に105歳で亡くなった。生前から何年も後の講演会の予定を入れていて、100歳を越えても活き活きと活動的に生きようとしていたし、実斎元気に活動していた。日野原先生も亡くなるんだという現実に直面して、人間は必ず死ぬんだという人生の摂理を実感した。  Eテレをはじめいろいろなテレビでなどで何度も特集が組まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今を歳と共に生きる

今年は梅雨明け宣言が出ないのに毎日猛暑日が続いて、どう考えても真夏になったという実感がある。九州の方では豪雨のため大変な被害が出ていると連日報じている。それでも人々は毎日の務めを果たして生きている。月日は常に流れている。そんな熱い中で、仏教とか大乗仏教の本を読んで、それをレポートにまとめている。「諸行無常」を心から感じる毎日です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空気を読まない勇気

 『きみはいい子』や『わたしをみつけて』などの著書で有名な中脇初枝さんの『世界の果てのこどもたち』という380ページほどある本を一気に読みました。何度も涙を流しながら感動して読みました。子どもが幸せに生きられないということに無性に腹が立ち涙が流れました。 「幼い3人は満州で出会う。珠子(たまこ)、美子(ミジャ)、茉莉(まり)。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

共感覚から生まれた宮沢賢治作品

宮沢賢治は、私の生涯のテーマだと前にも書きましたが、先日NHKの「100分で名著」という番組で「宮沢賢治スペシャル」という番組があり4回とも観ました。山下聖美さん(日本大学芸術学部教授)が案内役で、作品を読み解きましたが、その第1回が「自然からもらってきた物語」というテーマで、「共感覚」という言葉を紹介していました。一つの刺激に二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見た目より内面磨こう 

白髪頭を黒く染めたり、若く見られるような服装に心がけたりと誰でもそんな経験はあると思います。私自身も現職中は若く見られたくて髪を黒く染めたりしていました。子どもに「おじいちゃん」と言われたときや電車の中で若者に席を譲ってもらったときに、年寄りに見られているんだと、心がショックを受け落ち込んだことがありました。  でも正真正銘のお…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

相模原殺傷事件から5ヶ月が過ぎて思うこと

 あれほど衝撃的な事件だったのに、だんだんと遠くの事件だったように思えてくる。 「障害者は不幸を作り出すことしかできない」とか「障害者は世間に貢献していないから社会のお荷物だ」といったような意見を耳にしたとき、絶対間違っていると思いながらも、心のどこかで共感してしまう自分がいることに驚愕した。人が生きていることの価値観を、お金を稼…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

障害もひとり一人の個性として認め合う社会を望む

 日テレニュースの中で、厚生労働省の研究班がダウン症のある人852人にアンケートした結果を公表したとのことで、90%以上の方が、「毎日幸せに思うことが多い」と回答した。仕事に関しても、90%近くが「満足に感じている」と答えたとのことだ。  私も特別支援学校の教員を長らくやっていたので、ダウン症の子どもたちともたくさん接してきた。ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まど・みちお著『いわずにおれない』 投稿文

 まど・みちおさんが川崎にお住まいだということは、前から知っていたのでぜひお会いしたいと思っていましたが、生前一度もお会いすることが無かったのは、返す返す残念です。たまたま本屋で見つけた、まど・みちお著『いわずにおれない』という本を読んでその独特の感性にびっくりすると同時にすごい人だったんだと再発見しました。小さな生き物をじっと何時…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

投稿文 これからは女性活躍社会

 東京都知事がお金にまつわる不祥事から。短期間で交代する事態になった。地方議員に関しても不正申請の問題で何人も辞任した。男性社会のツケが今になって回ってきたように思えてならない。年配者の方を見ても、女性を見下したような発言がとても多い気がする。今まで伝統的に男性が祭り上げられてきて、女性より上という意識が根強く残っているからだと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害者は社会のお荷物か

相模原の障害者施設での元職員による大量殺人事件は、いろんな方面に問題点を投げかけた。重度の障害者は社会のお荷物だという偏見に満ちた犯人の言葉は、人間の心の底に眠るおぞましい感情としてショックを受けた。  今まで私は何度もこの問題について考えてきた。その結論として、人は生きているというそのことだけで生きる価値があるという考えだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は見た目も大事!中身も大事!

私は今日で63歳になりました。この歳になると誕生日を迎えても、あまりめでたいという気分にはなれませんが、とにもかくにも一年間を無事に過ごせてひとつ歳を重ねられたということで、ありがたいという気持ちになります。透析も順調にやれていますし慣れてきました。慣れすぎて体重オーバーやカリウムやリンが多いと注意されたり、血圧が高めと体調に気を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤独と孤立はちがう

 新聞に、一人暮らしの老人が増えていて、誰にも見とられることなく亡くなって死後発見されるケースが年々増えているという記事を見ました。 以前何かの本で、孤立と孤独は違うということを知りました。孤独は自分から求めるという感じがありますが、孤立というのは、自分で意図しなくても誰からも気付かれることなく、世間との接点がないことだとのことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの連ドラ大好き!

 NHKの連ドラが大好きで、毎日観ています。旅行や仕事で観ることが出来ない日は、ビデオに撮り後で観て、とにかく毎日観いています。今は「ととも姉ちゃん」を放映しています。毎回そうなんですが、観ている内にいつの間にかはまってしまい、毎朝楽しみにしています。前作は「あさが来た」という作品を放映していましたが、それが終了してしまうといつの間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山下清と宮沢賢治の共通の世界

 BSの番組で、山下清の特集をやっていて、観たときにすごく胸に残った言葉があった。当たり前の人間の感じる戦争なんか無くて花火でみんなが喜ぶような世界が人間にとって幸せな時代なのだというメッセージを強く感じた。  障害がある故に、人間にとって一番大切なものが見えたのだと思う。人は幸せに生きたいと思うし幸せに生きた方がいいに決まってい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

読書「『えがおの宝物』

 『えがおのローソク』というドキュメンタリー映画を観たときに、『えがおの宝物』という加藤さくらさんの書いた本を買いました。その時にサインを裏表紙にしてもらいました。「ひろしさんの笑顔もあなたが救われたように、だれかを救っています。」2016.1.31  その後、少しずつ読んでいってようやく読み終わりました。素敵な言葉にたくさん出会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「生きる」

 1月26日(火)にチネチッタの名画座で、黒澤明監督の名作「生きる」を観てきました。映画で観たりテレビの名画で観たりはしていましたが、最初からノーカットで観たのは初めてだったので、今まで気が付かなかったことや新しい発見がたくさんあってとても感動しましたし考えさせられました。名画というのは時代を超えて人に感動を与えるし、生きる意味を問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more