テーマ:仏教

めぐちゃん27回忌墓参り

 4月7日(日)に家族でめぐちゃん27回忌墓参りをしました。今回はめぐちゃんの妹の愛子家族も参加してくれました。パパの運転でお墓の近くまで行ってもらえたので、おじいちゃん、おばあちゃんもあまり歩かないで墓参りが出来ました。先月弟の純が草むしりをよくしてくれていたので、お墓の周りはきれいでした。今年は桜が長く咲いていたので、花見もでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東寺 空海と仏像曼荼羅

 4月4日(木)に東京国立博物館・平成館において「東寺 空海と仏像曼荼羅」という催し物があり、観てきました。国宝がたくさん展示されているということで興味深く観覧してきました。  いつものように音声ガイドを借りて佐々木蔵之介の説明を聞きながら回りました。佐々木蔵之介さんは、東寺境内にある洛南高等学校の卒業生とのひとでした。国宝や重要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅原猛氏の死を悼む

梅原猛さんからは、たくさんの刺激を受けました。とくに『『地獄の思想』からは大きな影響を受けました。仏教の思想から日本を代表する文学作品の「源氏物語」ゆや「平家物語」「世阿弥の世界」「近松門左衛門の世界などがよく理解できるようになります。とくに「宮沢賢治」を理解する上で、仏教を理解することはとても大切です。 また、梅原さんの仏教の歴…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

川崎大師・夏期講座 3日目 おかざき真理

 8月22日(水)は、川崎大師・夏期講座の3日目で漫画家のおかざき真理さんの講座でした。おかざきさんは、「阿・吽」という空海と最澄のふたりの天才を描いた仏教漫画で有名な方です。  日本の仏教だけでなく時代を変えた最澄と空海の生き様を圧倒的なスケールで描いて、この二人の天才、比叡山延暦寺の開祖である最澄と、弘法大師としても知られる空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎大師夏期講座 白川密成 四国五十七番札所栄福寺住職

 8月20日(月)に、川崎大師夏期講座の一日目に四国五十七番札所栄福寺住職の白川密成さんの講座があり聴いてきました。「ボクは坊さん」という本を書いた人で、同名の映画にもなりました。名前は初めて聞く坊さんでしたが、41歳という若い坊さんにしては、とても話がうまくてぐいぐいと惹きつけられました。さすが若くても本を出す人は、仏教の教えをわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お施餓鬼・観音寺

 7月10日(火)に恵の菩提寺である観音寺において、「お盆・お施餓鬼供養」があり、火曜日は透析がない日なので参加してきました。暑い平日でしたが、たくさんの人たちが参加していました。  まず最初に、千葉のお寺の住職さんで、永平寺で偉い役職に就いていた人のお説教がありました。岩手県の出身で貧しい家の出で小僧として辛い修行をした時代のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎大師仏教文化講座②弘法大師の真実義 ・福田亮成先生

 5月6日(日)に川崎大師教学研究所において、第2回川崎大師仏教文化講座②弘法大師の真実義 ・福田亮成先生の講義があり聴いてきました。福田亮成先は、川崎大師教学研究所の所長をやっているだけあって、中身の濃い深いお話しで、さすが研究者は違うと感心しました。最初に学問研究としての仏教学と信心としての仏教は違うというお話しがあり、この人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎大師仏教文化講座①弘法大師と世界の宗教・思想

 4月15日(日)に「川崎大師仏教文化講座①弘法大師と世界の宗教・思想」という講義を聴いてきました。講師は教学研究所の廣澤隆之先生で「弘法大師と世界の宗教・思想」という題でした。  まず最初に「開経の文」と「般若心経」の読じゅがありましたが、毎朝仏壇で唱えているので暗記で唱えることができました。みんなで声を合わせて唱えるのもなかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目黒不動尊・五百羅漢寺・目黒川桜見

 3月27日(火)に目黒川の花見に出かけてきました。目黒駅より目黒線で不動前駅まで行き、そこから目黒不動尊の参道を歩いて目黒不動尊(龍泉寺)に行きました。桜がちょうど満開で山門の横にみごとに咲いていました。  ちょうど大河ドラマの「西郷どん」の中で目黒不動尊の龍の滝が出ていたので、その池と水掛不動明王を写真におさめました。御朱印帳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縁によって殺人鬼にもなる人間の脆さ

    NNNドキュメント「記憶の澱」を観たときの衝撃を今でも思い出すことがある。ごく普通の人が、戦争という極限状況の中では、度胸試しの刺突訓練だといって罪のない村人を銃剣で刺し殺したり、村の若い娘を輪姦したりと、上官の命令で非人間的なことをしてしまうのだ。自分には関係ない、自分はいい人だと思っている人が、縁によって殺人鬼にもなる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

運慶 特別展

 11月7日(火)に東京国立博物館で開催されている「運慶展」を観に行きました。お天気も良く穏やかな陽気なので、入場するまで1時間待ちでした。展示は三章に分かれていています。音声ガイドを聴きながら一つ一つの作品を鑑賞しました。第1章は 運慶を生んだ系譜ー父の康慶から運慶へ ということで、運慶の父あるいはその師匠の造った像と、若き運慶の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国上山・五合庵の良寛さんを訪ねて

 10月15日(日)新潟市のホテルから越後線に乗って良寛さんの縁の寺国上寺と五合庵を訪ねてきました。分水駅から遠いのでタクシーを使って行きました。ビジターサービスセンターでは、無料のガイドさんが付いて案内してくれました。良寛さんの書や良寛像があり記念写真を撮りました。  良寛さんのことは、仏教関係の番組に出てきたり、昔教科書にタケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見の総持寺に合格祈願・御朱印帳記入

 8月29日(火)は、息子の教員採用試験の2次試験の日だったので、鶴見の総持寺に出かけ合格祈願のお参りをしてきました。御朱印帳がたまたま最後のページだったので、新しい御朱印帳も新しく購入しました。  鶴見駅から鶴見線沿いに歩いていくとさ門が見えてきて緩やかな上りとなっています。両脇には鶴見大学の校舎や病院が見えています。真っ直ぐ行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎大師・夏期講座 露の団姫 仏教落語

 8月22日(火)に川崎大師の夏期講座・3日目は、落語家であり天台宗の僧侶であるという「露の団姫(つゆのまるこ)」さんが講師で「落語家・まるこの仏道修行」という演題での講義でした。 「ぶっちゃけ寺」というテレビ番組に出演していて、面白い人がいるもんだと興味を持っていたので、楽しみにして夏期講座に参加しました。朝の7時開演ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎大師・夏期講座 1日目 福田亮成・教学研究所所長

 川崎大師の夏期講座も今年で50回目を迎えるとのことで、ずいぶん長く続いていてすごいと思いました。8月20日(日)の1回目は、川崎大師教学研究所所長の福田亮成先生の講座でした。  若い頃に「今晩12時に死にます」と言われたときの心のありようから、信心にいて考えるようになったとのことで、死に際して人は誰も生の意味を問い、自分の人生に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄絵ワンダランドin三井記念美術館

 7月23日(日)に三井記念美術館において「地獄絵ワンダランド」という美術展を観てきました。入口は、水木しげるの絵本「水木少年とのんのんばあの地獄めぐり」の原画で八大地獄をめぐるところから始まります。  仏教では「六道輪廻」という考え方があり、閻魔大王の裁判を経て「天・人・阿修羅・畜生・餓鬼・地獄」のどこに転生するかが決まります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏教文化講座 弘法大師と山の宗教

 6月4日(日)の午後2時から大師線・東門前駅近くにある「川崎大師教学研究所」において、「弘法大師の世界」という「川崎大師仏教文化講座」という講座の3回目の「弘法大師と山の宗教」というテーマの文化講座を聴いてきました。講師は、川崎大師教学研究所の教授をしている廣澤隆之先生で、テーマが「弘法大師と山の宗教」という私が関心のあったテーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎大師 初詣 御朱印帳に記入してもらう

 1月10日(火)に川崎大師に初詣に出かけました。とても天気が良く温かくて穏やかな日だったので。妻と今年初めての初詣に行って、御朱印帳に記入してもらおうと思いました。  川崎大師駅より参道を歩いて大門まで行きましたら、門の所に二人のお坊さんが立って托鉢行をしていました。お布施を鉢に入れてお参りしました。  今年1年の無事を祈って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶっちゃけ寺 仏教の心を歌っている日本の名曲♪ 

「ぶっちゃけ寺」という番組は大好きで、毎回楽しみに観ています。8月15日放送では「お坊さんが選ぶ!実は仏教の心を歌ってると思う日本の名曲」というスペシャル番組で、お坊さんが選んだ40曲の名曲を紹介していました。一番最初の中島みゆきの「時代」から最後まで私の好きな名曲が次々と紹介されていました。  日本人のそして私の感性に合ってヒッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎大師 第49回夏期講座 2日目 佐藤隆一 先生

川崎大師 第49回夏期講座 2日目は、川崎大師教学研究所教授の佐藤隆一先生でした。「蒼生の福を増す」という題でお話しをしてくれました。  「蒼生の福を増せ」。恵果が空海へ与えた最大のミッションだそうです。「手打てば 鳥は飛び立つ 鯉は寄る 女中茶を持つ 猿沢の池」という言葉があるそうです。我々の言葉や行動は、刺激に対する動物湯人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎大師 第49回夏期講座 1日目 家田荘子先生

 8月20日(土曜)に恒例の川崎大師 第49回夏期講座に参加してきました。1日目の講師は、「極道の妻たち」の作者の家田荘子先生でした。実際に高野山で修行されて真言宗のお寺で得度した本物のお坊さんで、布教師もやられているとのことでした。つなぎ遍路というやり方で、四国八十八箇所の札所を十回以上歩き遍路されたと言うことで、歩き遍路の大変さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総持寺 豆まき 

 2月3日(火)は節分で各お寺や神社で豆まきを行いますが、今年は総持寺の豆まきに行ってきました。12時開始とインターネット書いてあったので、11:30頃に総持寺に行きましたが、すでに入場整理券はなくなりましたとアナウンスがありました。入口の所で福豆の販売をしていたので、それだけでも買って帰ろうと思い買いました。千円の枡付き福豆を買っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ体操の朝

 朝は5時ころに起きます。体重や血圧や体温、昨日の水分量やトイレの回数などバイオチェックと記録を記入します。それから雨戸をあけて3階の自分の書斎に行って、メールチェックをしてこのブログをチェックします。  6:20に自転車に乗って桜川公園に向かいます。今は冬至の頃なのでまだ外は暗くて、自動車はライトをつけて走っています。公園につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演 宮崎哲弥「縁起とご縁」

 11月2日(日)に横浜ソゴーの新都市ホールにおいて、築地本願寺主催による宮崎哲弥さんの講演会があり、聴いてきました。宮崎哲弥さんは、「ひるおび」のコメンティターとしてテレビでお馴染みでしたが、仏教に関心が強く何冊も仏教に関する本を書いているとのことでした。  テーマが「縁起」と「ご縁」ということで、仏教の根本思想である縁起につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月のお題「平和」

【神奈川新聞 投稿文】  山田洋次監督の『小さいおうち』という映画では、戦争前の当時の市民家庭の暮らしぶりが描かれていた。太平洋戦争へと流れていく時代背景ではあったが、平穏な日常生活がまだあった時代でもあった。  NHKの「戦後史証言」という番組で、湯川秀樹、鶴見俊輔、丸山眞男、司馬遼太郎の特集をやっていた。戦後の日本を戦争のな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画 ブッダ2 ~終わりなき旅~

 2月11日(建国記念の日)にチネチッタにおいて「ブッダ2~終わりなき旅~」といてう映画を観てきた。原作は手塚治虫の漫画で、三部作の2作目とのことで、シッダールタが苦行の末にブッダになるまでのことを描いている。前半では苦行の場面がたくさん出てくるが、苦行では悟りを開くことはできない。中道でゆったりとした修行が大切だと気づく場面が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「般若心経」と「とらわれない心」

   入院生活では時間がたっぷりあるので、読書三昧の生活を送っている。『ひろさちやの般若心経88講』という本を読んだ。  ひろさちやさんは、般若心経は「見方革命」を教えた仏教の経典であると言っていた。とらわれない心、差別しない心、こだわらない心が大切だと説いていた。  私たちの住んでいるこの迷いの世界は「此岸」と呼ばれ娑婆とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるようになるさ

【神奈川新聞自由の声 投稿文】  NHKテレビの「ブッダ真理のことば」という番組を視聴していてとても示唆に富んだ発見があった。ブッダの言葉を短い詩の形にして集めた原初の教えである『ダンマパダ』という教典の解説をしてくれている。  「生きることは苦である」という認識が原点で、自分自身の心の中にある煩悩が苦しみの原因であり、その煩悩…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

神代植物園~深大寺~愛ある医療講演会

 5月4日(みどりの日)もお天気に恵まれ、南武線経由で調布に向かいました。調布駅からバスで深大寺行きのバスに乗り、神代植物園前で下車し入園しましたが、みどりの日ということで、入場料の500円は無料となっていました。正門からはいるとすぐにつつじ園があり、今を盛りといろんな種類のつつじが咲いていました。見学者もたいへん多かったです。ぼた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せになるための五つの原理

【神奈川新聞投稿文~新年に思う】  ひろさちや氏の禅に関する本を読んでいて共感することがたくさんあった。幸せになるための五つの原理を説いていた。  一つ目は、余計なことを考えるな。なるようになるさと諦めることである。常に大切なのは今であるから、今日なすべきことを熱心にやればいい。  二つ目は、なんだっていい。この世に存在してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more