映画 アラジン

画像
 6月25日(火)にチネチッタにおいてディズニー映画の「アラジン」を観てきました。さすが、ディズニーの映画だけあってハラハラドキドキで観ていて飽きませんでした。ランプの中の巨人ジニーの演技がとても印象的でした。ディズニー映画がヒットするわけだと思いました。中で「ホール・ニュー・ワールド」が歌われますが、名曲だけあって聴いたことのある素晴らしい歌声でした。

“ダイヤモンドの心”を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、“3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。アラジンとジャスミンの心が重なる時、昨日と同じ世界が“新しい世界”となって輝き出し、二人はこれまで気づかなかった願いに気づいていく。この身分違いの恋を見守るジーニーもまた、宇宙で最も偉大な力を持ちながらも、ランプから自由になることを密かに願っていた。
画像
人生を変えるチャンスを待つアラジンと、新しい世界に飛び出したいジャスミンの、身分違いのロマンスと3つの願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険、そしてランプの魔人ジーニーのコミカルな魅力が爆発的な人気を集め、さらには映画史に残る名曲を生み出したディズニーの名作アニメーション映画『アラジン』を実写映画化。貧しいながらも勇気とまっすぐな心を持つアラジンを新鋭メナ・マスード、自由を求める王女ジャスミン役を『パワー・レンジャー』のナオミ・スコットが演じる。またランプの魔人ジーニーを「メン・イン・ブラック」シリーズなど数々のメガヒット作に出演してきたウィル・スミスが演じるのにも注目。監督は『スナッチ』「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー。(作品資料より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック