横の会・同期会 in大湯温泉

画像
 6月22日(土)~23(日)に大湯温泉のホテル湯元で、高校時代の文芸部の仲間で久しぶりに同期会を行いました。私たちが高校生の頃、三島由紀夫が楯の会事件を引き起こし日本中が震撼した事件があったが、それに対抗する形で文芸部の仲間たちで勝手に「横の会」とてう会を作って、同人誌『塵塚(はきだめ)』という小雑誌を作ったのがはじまりです。政治に関してはよく分からないが、三島由紀夫が割腹自殺して首を介錯して首が転がっている映像を観て何か空恐ろしいことが起こったと震えた。文芸部員だったので、三島由紀夫の作品はよく知っていたので、それだけ衝撃が強かったのだと思う。1970年の事件なので49年の月日が流れ、私たちももう65歳前後になっていますが、それぞれの人生を生きてきました。まだ現職で働いている人も多かったですが、第一線からは退いて再雇用などで働いている人が多かったです。ずいぶん容姿は年寄りになりましたが、話していく内に昔にもどり懐かしい思い出が出てきました。『塵塚』は、2003年にVol3号を出版しましたが、あれから16年の歳月が流れました。
 バイキング形式の食事でビールやお酒が飲み放題だったので、めいっぱい食べて呑みました。温泉は露天風呂もあったので、食事前と朝に入りました。山や川が見えて新緑が美しかったです。
 帰りがけに記念写真も撮りました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック