下呂温泉と白川郷と飛騨高山の旅 2日目 クラブツーリズム

画像
 翌朝は4時頃には目が覚めて朝風呂で露天風呂に入りました。空いていたのでのびのびと露天風呂につかりながら対岸の山が霞んで見えるのを楽しみました。今朝もお肌がつるつるになりました。大広間で朝食を食べましたが、なんと7時過ぎに大きな地震があり一斉に地震を知らせるアラームが鳴ってびっくりしました。後でテレビを観たら私たちの旅館は進度4だとのことでした。
 8時には旅館を出発して昨日の道をもどる感じで、ひたすら白川郷に向かいました。峠を下るときにあの独特なかやぶき屋根が見えてきました。
画像
 この日も渡された地図を頼りに庄川を渡り合掌造りの家を見ながら歩きました。県重文の明徳寺の釣り鐘も合掌造りになっているのが珍しかったです。御朱印帳を持っていったのですが、庫裡が休館だったので写真だけ撮りました。
 ふる郷長瀬家の中に拝観料を払って中を見て回りました。中に入ると見た目より広くて4階になっていて、仏間や蚕を飼っていた棚があったりして昔の生活が偲ばれました。
上の階には急な梯子で上ります。手すりがないとちょっと怖いです。2階は家族や使用人の部屋、3階は蚕部屋になっていました。
 大きな丸太を荒縄で縛って屋根まで届きその上を茅で何重にもにも重ねていました。
画像
続いて飛騨高山に向かいました。駐車場から上三之町の古い建物が並ぶ通りを歩きました。春と秋には大きな屋台が町を練り歩くとのことで、至る所に屋台をしまっておく倉庫がありました。酒造のお店がありました。味噌も有名らしく赤味噌を売っていました。観光客が狭い路地を歩いていました。
画像
 帰りは、渋滞のメッカの小仏トンネルをぬけるとスムースに進んで、8時前には横浜に到着しました。川崎までもどり、妻とそば屋でビールを乾杯して打ち上げを行いました。
 2日間の旅でしたが、中身が濃くて何日も旅をしたように感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック