箱根小湧園ユネッサンス

画像
 3月25日(日)に娘が一度箱根小湧園ユネッサンスに行ってみたいと言うので、女房と私と一緒に連れて行ってもらいました。朝早い東海道線に乗り小田原まで行き、箱根登山鉄道で箱根湯本まで行き、そこからさらにバスに乗り箱根小湧園ユネッサンス前で下車して建物に入りました。
 娘がインターネットで昼食のバイキング付きの入園券3500円を用意していたので、水着に着替えるとまず「湯~とぴあ」に行きました。広大な敷地に100余りのお風呂があるというのが売りで、コーヒー風呂やワイン風呂、緑茶風呂、酒風呂など次々と体験しました。ちょうどコーヒー風呂やワイン風呂では、本物のコーヒーやワインを投入するイベントの時間と重なったので、それらをお笑い芸人がふりまくイベントに参加できました。
 昼食は早めに行ったので、20分ほど待って食堂に入ることができ、お寿司やステーキやサラダなど好きなメニューを食べました。
 午後は、ユネッサンに行ってプールやはちみつ風呂やサウナを体験しました。子どもたちが春休みということでたくさん来ていて泳いでいました。
 それから、一番の楽しみの「森の湯」に行き、露天風呂を楽しみました。頭だけ温泉から出していると、お天気がよく空気は冷たかったですが、青空に雲が浮かんでいる空を見上げながら春の気配を感じ、幸せな気分になりました。日の光が春らしく感じました。
 畳の敷いてある休憩室でビールを飲みながら新聞を読んでいると眠くなってきて、しばらく仮眠をとりました。それからまた起きて温泉に入りに行きました。画像
 5時頃ユネッサンを後にしてバスに乗りましたが、箱根湯本まで大渋滞との案内だったので、小湧谷駅でバスを降りて箱根登山電車で箱根湯本まで帰りました。箱根湯本で電車を乗り換えて小田原に戻りました。
 小田原で海産物の美味しいお店に入り、夕食を食べました。海鮮丼と金目鯛の煮付けを食べましたが、とても美味しかったです。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック