第33回ヨコハマ映画祭

画像
 2月5日(日)に関内ホールにおいて、恒例の第33回ヨコハマ映画祭があり、娘と観に行ってきました。10時30分に開場でしたが、5分遅れで会場に着いてら、すでに一階席は満席の状態で、仕方なく二階席の真ん中辺りの席にしました。
 今年の映画祭のベストテンの一位は、「大鹿村騒動記 」という昨年亡くなった原田芳雄さん主演の映画でしたが、午前中はその映画が放映されました。大鹿村に300年伝わっているという村民が演じる歌舞伎を上演する場面が圧巻の実話に基づいた映画です。原田芳雄の最期の作品となった映画で原田芳雄の魅力満載の映画です。
 出演者も大楠道代、岸辺一徳、佐藤浩一、松たか子、瑛太、石橋蓮司、三国連太郎というそうそうたる豪華な役者たちです。それぞれが存在感を出して、ユーモラスな味を出していました。
 授賞式のスピーチの中で、二週間ほど大鹿村でロケを行ったそうですが、毎晩撮影が終わると関係者で飲み会をしていたそうです。こじんまりとした家族のような雰囲気の中で撮影が行われたとのことで、そんな牧歌的な雰囲気が映像の中に出ていたと思います。原田芳雄さんは最優秀男優賞を受賞しましたが、原田さんの娘さんが代理で表彰状を受け取っていました。
画像
 ちなみにヨコハマ映画祭の今回のベストテン 
まちのを並べます。
①大鹿村騒動記     ②冷たい熱帯魚   ③八日目の蝉    ④恋の罪    ⑤一枚のハガキ
⑥アントキノイノチ    ⑦モテキ       ⑧婚前特急    ⑨まほろ駅前多田便利軒  ⑩その街のこども
でした。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック